月1ヨガレッスンから毎日自宅ヨガへ

産後太りが気になるものの、特別なダイエットはしていないかった2年前、友達から新築した自宅の一室で、
ヨガインストラクターの資格を持つママ友のヨガ教室をするからきて欲しい、と誘われました。
もともと学生時代に運動をしていたので体を動かすことが好きだしいいかな、とその教室に気楽に参加してみたら
ヨガそのものが思っていた以上に気持ちがよく、月に一度のレッスンが毎回待ち遠しいほどになりました。

でも、お金のかかるヨガレッスンの回数を増やすことはできないので、いつもはレンタルだったヨガマットを
自分専用に買い、ネット動画の中からお気に入りを見つけ、毎日自宅で空いた時間にヨガをするようになりました。

日々、オーソドックスなヨガを続けていたら、あれも、これも、何ならダンスや軽い筋トレも…とどんどん体を動かしたく
なっていきました。気になる動画を見つけては試しにやってみて気に入れば保存、を繰り返してがっつり動く系、
じっくり筋トレ系、ストレッチ系、リラックス系、などその日の気分に合わせてできるような自分的なリストができてきました。

そんなダイエットをしていく中で長く続かないと意味がないので、ルールをいくつか決めています。
・無理はしない、気分次第でやりたくない日は気にせず休む
・食べることは好きなので軽く気にする程度で、きつい食事制限はしない
・体重が変わらないとそのことがヤル気を削ぐので体重ははからず、’見た目’を重視する
・とにかく無理なく、心身ともに健康第一

はじめて子供を産んでから14年、積もり積もってできたこの体は簡単にはかわらない、何年かけてでも確実に体を変えていきたいと、
これを今でも継続中です。初めて方もうすぐ2年、本当に体重を図っていないので数字的なことはわかりませんが、
入らなくなっていたパンツが入るようになり、後姿が別人になんたといわれています。

無理のない範囲でのダイエット目標

昔は何もしなくても、適切な体重を保てていましたが、体調を崩してしまってから、体を動かせず、一番痩せていた時から、10キロ近く太ってしまいました。
担当医からも「太ったね」と指摘され、太ったために痛めている腰に負担がかかるため、なんとかせねばと決意しました。

ただ、一番痩せていた時は冷えやすく、体力もなかったので、目標はマイナス5、6キロにし、無理のない範囲でダイエットをはじめました。

方法としましては、体重を毎日計って記録し、朝のパンを控え、ヨーグルトや自家製ニンジンジュース、
玄米フレークにしました。昼は1食置き換えか、あるいは抜きにしました。
夜は18時から19時までの間に食べ、それ以降は口にせず寝るように心がけています。

歩数計も利用し、一日の歩数の目標を無理のない範囲で設定し記録しています。
その場での足踏み1分でもよいと聞いたので、それも行いました。
体重や歩数計は、スマートウォッチを利用し、スマートフォンに同期させていますので、一目瞭然です。

その他、週一日3時間ほどの体操やマシン運動で筋力をつけるようにもしています。
結果、3か月ほどで、5キロ近くやせることができました。
停滞期などもありますが、この調子で続けていけば、目標を達成できると思います。

水泳で有酸素運動ダイエット成功

風邪で病院に行くと院長にダイエットしろ!忘れもしない年齢31歳身長168㎝体重89キロの時私は風邪で病院にかかっていました。
内科のその病院は、院長とはちょっとした知り合いでしたので気軽に相談していたのですが、
いつもの様に風邪で少々熱が高く診てもらっていると突然院長は少し太り過ぎですよと言われダイエットする様に促さられる。
そして院長から運動する為のメニューを頂いてから僕のダイエットが始まるのです。

ダイエットのメニューとは、院長からもらったダイエットメニューの内容は結構専門的な事が書いてある。
小冊子で最初は読むのも適当にしていたのですが少しづつ読み進めていくとそんなに簡単にダイエット出来るのだろうか?と思う様な内容だったのです。

最後の方に具体的なダイエットの方法が記載されていたのでじっくり読んでみるとまず体重が重くなった体で突然ジョギングマラソンなどをすると
膝が故障する事そして軽い運動である事要するに完全に息が上がって話も出来ないような運動では無い事最後にここが重要なのだが、

毎回運動を始めたら1回の運動時間は最低連続20分以上の運動である事などそういった事から
体重が重い人のベストな運動種目として水泳を勧めていた丁度近くに市営の温水プールが開設したばかりだった事もあり興味本位で水泳に通うことになる。

小冊子通りになったダイエット。
まず結果はたったの1ヶ月で、89キロの体重が74キロまで落ちたのがびっくりでした!
ダイエットとは言ってもここまで自分の体重が変化するのには本当に驚きです。
たったの1ヶ月毎週2日火曜日の夜と金曜日の夜1日の運動時間は約2時間弱です。
もちろんダイエットの方法は小冊子の指摘通りに確実に守り話も出来ない程の水泳では無く少し不可がかかる程度のクロールを25m帰りには休憩ついでに
平泳ぎを25mとこれを行ったり来たりで最小時間単位20分以上を続けるだけです。

もちろん心拍数はある程度上がりますが、もうこれ以上泳げない!と言う泳ぎでは無くあともう少し泳げるという感じです。
結果どうしてもこれ以上泳げない時なども最初は有りましたがそんな時は25mのところで要するにスタート地点とゴール地点どちらかで泳がず
立って息を整える事も有りましたなるべくすぐに泳ぎをスタートする様に心掛けて泳げばすぐに慣れて連続で泳げるようになります。

水泳ダイエット以降はリバウンドなし

良く他の情報などから運動でダイエットするとその後のリバウンドがたいへんですよと言われますが、
僕の場合はリバウンドは有りませんでしたその理由はもうひと種類の運動を始めたのが結果良かったのだと思います。
体重が減り動きが楽になった後はバドミントンを誘われて始めました結果はバドミントンの瞬発系の運動を楽しんだ為
筋肉が締まり結果基礎代謝が上がり食事を結構な量毎日食べても何の影響もありませんでした。

水泳ダイエットで有酸素バドミントンで無酸素各運動を組み合わせてダイエットは成功しました。